人生の中で2番目に高い買い物と言われる「保険」。

選ぶ際には、絶対に失敗したくないですよね。

そういった場合にうまく活用したいのが、無料相談です。

町中にお店があったり、FPさんが訪ねてきてくれたりしますが、中には面談やアンケートで特典が付くところも。

商品券をもらえるところが多く、中には現金でもらえるところもあるそうです。

一万円に満たない額がほとんどですが、数社と面談すれば合計で数万円もらえるかもしれません。

勉強になる上にプレゼントまでもらえるとしたら、話がうますぎるくらいです。

保険無料相談の広告を見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談サービスもあるの?ということです。

結論から言うと存在します。

相談サービスは元々有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でのメリット・デメリットは何があるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が発生しお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料の高い保険(FPにとって都合のいい保険)を案内してくる人が中にはいます。

逆に、有料相談では、販売ノルマのようなものがないため、無料相談より親身になってくれる可能性が高いそうです。

たくさんの人に利用されている保険無料相談。

資格を持った専門家に話を聞いてもらえたりするのに、どうして0円でそんなことが可能なのでしょうか。

気になったのでどういう仕組みになっているのか調べてみました。

ざっくり言ってしまえば大本のお金を支払っているのは保険会社で、実際に契約ができたときにだけその分の手数料等が発生するそうです。

ですからどれほど優秀なFPさんであっても契約に至ってようやくお金をもらえることになるわけですが、営業のチャンスであることは確かなので、皆が得するメカニズムと言えるかもしれません。

勇気を出して保険無料相談をA社に行ってみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は家の次に高価な買い物と言われています。

A社のFPが信頼できると感じて乗り換えをするならいいのですが、できるだけA社から提案をしてもらった後に別のB社のFPにも相談をして引越しなどをするときの様に相見積もりすることをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の内容をB社に見せると内容重視ではなく価格を重視して競争を始めてしまう可能性があります。

見せる場合はB社のFPに見せた時に「A社の内容で基本的にOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できると思っていいです。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社に提案内容を見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

もし保険についての話が無料で専門家とできるなら、可能な限り無駄のない時間を過ごしたいところです。

気を付けておきたい見直しポイントとしては、現在の保証内容と一ヶ月の支払額は妥当なのか?そしてそれは自分に合っているのかどうか?ということでしょう。

下準備として自分のライフスタイルを把握し、健康診断や人間ドックの結果を用意しておきましょう。

そうすることでより具体的な提案をしてもらいやすくなります。

また最終的にどこでお願いするかというのはとても重要なので、選ぶ際もきちんと調べましょう。

ネットで少し検索すれば、保険無料相談会社についてのクチコミが溢れています。

つまり多くの人が不安や疑問、また強い興味を持っていて、できればプロに話を聞いてみたいと思っているのでしょう。

さらに面談そのものについて知りたい気持ちもあると思います。

特に訪問型の面談は気になる点が多いかと思いますが、大切なのはやはりFPさんの知識の深さや提案力、さらに客側の希望を取り入れようとしてくれるかどうかでしょう。

気になった会社があれば、FPさんの質について重点的にチェックしてみると良いと思います。

車の買取やリフォームなどいろいろな場面で見積もりを取ります。

見積もりをすると各社から電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが好きな人は楽しいと言いますが最近では、若い人を中心に電話が苦手という方も増えている印象を持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強制的な勧誘で文句を言われるなど評判の悪いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に関してしっかりと対策が考えられています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行う場合はストップコールというシステムがあり、電話一本で勧誘のストップや担当者を変更することもできます。

皆さんは買い物に行って必要ないものを勧められて買ってしまったというような経験やトラブルを聞いたことはありますか。

生命保険の勧誘でも同じようなことがあるそうです。

条件に合わない保険に加入させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら子供の頃の治療歴を告知されていないとして義務違反で保障を利用しても保険料が支払われないこともあるそうです。

こういったトラブルが起きた時にどうしたらいいのかわからないですよね。

保険は人生の中で家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを専門にしている弁護士もいます。

こういった問題が起きた時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

家族も増えて将来のことを見据えて保険の加入を検討している方、どうせ相談しに行くならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあって行きやすいからという選択もいいのですがサービスによっては、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

申し込みの流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしてそうという不安な気持ちを持ってしまう方もいると思います。

多くのFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して登録解除を行う、相談者の紹介の優先度を下げているなど様々な対策をしています。

皆さんの周りの人で、人から何かを勧められると断りづらいと感じてしまう人はいませんか。

そういう方の中には、保険無料相談をした際に自分に合わない保険を勧められても断れずにFPの進めるがままに契約してしまう。

その結果、自分の生活環境に合わない契約内容になっているなどトラブルにつながってしまいます。

なので、ここでは断り方について書こうと思います。

基本的には担当者に「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われており、本当に担当者がお客様目線に立ってくれているなら無理には引き止めないはずです。

もし無理に引き止めてくる、強制的な勧誘をしてくるようなら信頼できないFPと言えます。

参考:ほけんの窓口での契約を解約したらどうなるの?【ほけんの窓口Q&A】

2017年に出された金融庁からの指導により保険無料相談後に高額な商品券を相談者へプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針を受けて各サービスでは、商品券から牛肉やお米などの景品へ変わっています。

また、現在でも3000円程度の商品券をプレゼントするキャンペーンを行っている相談サービスもありますが、これは明らかにルール・法令違反なのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを利用しようと思っているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している企業の情報を調べてから選びましょう。

相談をしたいと思い立ってすぐに見直しをしたいなら近所の保険ショップに行くという選択肢もあります。

保険無料相談を行っている会社について、比較検討してくれている情報サイトというものが存在します。

評価を左右する重要点としては、FPさんとの面談が叶うまでのステップの容易さ、取り扱っている商品数の多さ、そして最優先事項はFPさんそれぞれの評判です。

場合によっては数百万でもきかない金額になるものですから、納得いくまで人や会社を変えて面談してみるなどして、「この人なら信頼できる」と思えるような人とこれからのことを決めていくのが良いと思います。

保険無料相談会社の選び方のひとつとして、クチコミが挙げられるでしょう。

見るべきは特にFPさんの提案力や対応力についてなので、重点的に調べてみると良いと思います。

提案するプラン内容に偏りがないFPさんが良いと言われています。

またリサーチもしっかり丁寧にしてくれるため、ライフスタイルに沿ったプランであることはもちろん、それ以上の思いがけない提案に驚きながら納得するなんてこともあるとか。

会社の選定にはFPさんの質が大きなポイントとなってくるので一度いろいろなところで面談をお願いしてみて、比較検討を重ねた上で決断することをおすすめします。

毎月の出費をどうにか節約したい、というのは多少は皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直しを考えてもいいかもしれません。

最近、テレビやラジオのCMなどで耳にする保険無料相談を活用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら必ず何かを契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という風に思ってしまう方もいると思います。

ご安心ください、保険に関する知識がなくても大丈夫です。

保険の相談をしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

保険に関しての相談をするにはさまざまな方法があります。

自宅や勤務先の近くでFPさんと会う人もいれば、雑誌やテレビなどでもよく見かける会社の店舗に自ら足を運ぶという人も結構多いかもしれません。

全国展開しているような会社なら駅前や地下街などといった、用事の帰りがけなどに行きやすい場所で店舗を構えていたりするので、気構えず利用できそうです。

自宅にあげたり、知り合いがいるかもしれないようなお店でお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、実店舗を構えているところが良いかもしれません。

関連ページ