ビックローブは2014年に新しくなりました

ビックローブはインターネットのプロバイダの1つで、ブランド名やサービスは継承されていますが、2014年4月から運営会社が変更になったため話題になりました。
これは、スマートフォンやタブレットの普及によりパソコンの販売数も減少し、通信のあり方が変化してきた事を感じさせるニュースでした。
ビックローブも時代のニーズに合わせて新たなスタートを切りました。
インターネット接続のサービスも、これまでのパソコン向けの光ファイバーだけでなく、スマートフォンやタブレットに対応したLTEやWiMAXまで幅広くなり、Twitterアカウントの「ついっぷる」などのアプリコンテンツの開発、クラウドサービスなど、需要に合わせて柔軟に進化しています。
それは、これまで培ってきたノウハウや技術があってこそ可能になりました。
人と人とがもっと強くつながり、ひとりひとりが目指す未来とつながれるようにとのコンセプトのもと、通信が時代によって変化していっても、私たちの通信が便利になるように進化を続けていってくれることでしょう。
光ファイバーの通信速度は?速いとできることが増えます【高速回線】