高速バスのトイレ対策はどうすればいいの?

高速バスのメリットは多くありますがふたつほど挙げてみたいと思います。

まず大きな利点として挙げられるのがとにかく料金が格安という点でしょう。

当然安さで安全性や働く人の権利を犠牲にすることは決してあってはなりませんのでその点はきちんと調べておく必要はありますが、移動料金を節約したいと思う人にとってこれはかなり魅力的な部分だと思います。

そして意外かもしれませんが時間を上手に使えるという点も。

移動を夜間にすれば寝ている間に目的地に着けるので翌日も時間に余裕をもってスケジュールをこなせます。

移動中も着いてからも有意義に過ごしたいですね。

仲間との楽しい旅行計画を糧に毎日を過ごしているという人も多いでしょう。

そう考えるとお金も時間も無駄遣いはしたくないですよね。

もっとお得に観光するためのひとつの案として交通手段を長距離バスにしてみるというのはいかがでしょうか。

格安の料金設定が一番の魅力ですがメリットはそれだけではありません。

SAでの休憩中に楽しい出会いがあるかもしれませんし、夜行で行くなら移動しながら睡眠もとれて次の日の早朝には目的地で動き回ることも可能なのです。

お金も時間も有効に使って思い出に残る旅にしたいですね。

ただでさえ乗車料金が安い高速バスですがそれにさらに加えて往復料金などもあるのでしょうか。

いろいろ調査したところ行き帰りの区間が一緒ならば割引されるということもありそうです。

ただし往路のバスに乗車する前に予め両方の乗車券を買っておくことが必須なのだそう。

中には割引をしていない路線もあるとのことなので購入前にバス会社に確認したりサイトを見たりして調べておくと良いと思います。

まあもとから格安の料金設定なので割引されたらラッキー!くらいのつもりの方が良いかもしれませんね。

高速バスの本数が多い区間の一つに東京大阪間があります。

時間的には8時間ほどかかりますが料金はわずか数千円です。

この区間で別の移動手段を使うとすると新幹線でなら時間は3時間かかり金額は15000円ほどとお高くなります。

また飛行機では1時間強の移動時間になりますが空港までの移動時間と一万円を超える金額がネックでしょうか。

こうして比べてみると費用面でのメリットが大きいのがバスでしょう。

時と場合によって何を最優先にするかは異なるでしょうし旅行やビジネスなど利用目的によって選べると良いですね。

どうしたら高速バスに乗れるのかわからない...。

そんな人のために主な予約方法をいくつか挙げてみようと思います。

使える状況ならネットが一番便利でしょう。

リアルタイムで席の確認や指定ができたりしますし乗りたい車両の確認などもできますので便利だと思います。

また他に電話という方法もあります。

ネットより煩わしくないという人もいるかもしれませんね。

また会社によっては窓口で直接乗車券を買えたりコンビニ端末を利用できたりするところもあるのだとか。

いろいろ選べるのはありがたいですよね。

長旅の移動手段として高速バスを選びたい女性の中には防犯的な面を気にするという人は少なくないでしょう。

また車内でメイクをとったりゆるい格好をしたりして過ごそうと思うと男性がいたら気兼ねするしなんとなく嫌だというのが本音なのではないでしょうか。

そういうときにありがたいのが女性にだけ乗車が許された女性専用の車両です。

車内でエリアを区切って男女別に対応しているバスもありますが車両まるごと女の人だけというなら楽ちんです。

目的に合わせた車両選びをしましょう。

大型車の事故のニュースをテレビで見ることがあります。

連日流れるなんてこともしばしばありますから気になっているという人も多いかと思います。

その名の通り高速道路を走っている車は一般道よりスピードのある流れで移動しています。

車が大きくなればその分運転技術も必要になってきますしスピードにのるほどに大きなパワーの塊と化します。

事故率でいえばそれほど高くないようなのですが運転する人の手に頼る部分が大きい乗り物であることは事実ですし深刻な事故になりやすいとも言えるかもしれません。

時間がかなりかかるというのは長距離バスの難点のひとつ。

それが疲れる要因のひとつとも考えられますがいくつか対策を挙げてみます。

暇な時間がつらいという人にぴったりなのがモニター付きの車両。

下を向いた姿勢がつらくて本が読めない人もこのモニターなら座席の前についているので酔いにくいと思います。

それから座った姿勢でいるのが苦しいという人はエアクッションなどで首や腰の位置を調節したり、または大きく座席を倒してゆったり休めるような広めの種類を選んだりするのがおすすめです。

ちょっとしたおやつや音楽プレイヤーなどでも楽しめます。

乗り物に酔いやすい人にとって旅の移動は一種のプレッシャーになる場合があります。

そんな不安を抱えたまま旅行に臨むのはちょっと嫌ですよね。

自分たちだけで乗っているわけではない長距離バスでは酔ってしまっても次の休憩まで外に出ることはなかなかかないません。

参考:高速バスのトイレ対策は?安心して利用できる!【トイレついていない?】

そこでネットにある車酔いしないためのコツを数点挙げてみます。

まずは乗車前にすることとしてさっぱりして適度にお腹が膨れる食事をとったあとは、薬も飲んでおくと良いでしょう。

服装はしめつけないゆるっとしたものが良いです。

持ち込む飲み物は炭酸水が良いと思います。

なるべく遠くの景色を見るようにしましょう。

いろいろな乗り物でお得な回数券が販売されていて購入すれば乗車一回あたりの料金が安めになったりするのですがこのシステムはただでさえ格安の高速バスにも存在するのでしょうか。

サイトなどをチェックしてみますと窓口で販売されている会社がありました。

ビジネスなどで使うことが多い路線が対象となっているならこういったものを取り入れるとさらに節約になると思います。

ただ半年などの有効期限があったり6枚など多めのつづりで販売されていたりするので期限内に使いきる算段をたてなくてはいけません。

購入前に払い戻しについても調べておくと良いと思います。

急な用事やスケジュールの変更で長距離の移動が必要になったとき乗車日当日の高速バスでも乗ることはできるのでしょうか?確かめてみますと空席があればその日に予約をして乗ることができるところもあるようです。

特に夜行バスならそういうものは割とあるようなので情報サイトを駆使すれば見つけるのはそれほど難しくないのではないでしょうか。

人気の路線ならバスタイプなどを選べば見つかりやすいのではないでしょうか。

またその日のうちに乗車できるとしても予約がなければ乗車することはできませんので忙しくとも事前にとっておきましょう。

旅行するのに高速バスを取り入れる賢い点として、まずは夜行での移動だとすると例えば仕事終わりに出発して移動中を睡眠時間とすれば目的地に着いた朝早くから動けるといった時間を無駄なく上手に利用することが可能という点が挙げられるでしょう。

極端な話をしてしまえば行き帰りの2泊を車中泊にすればまるまる一日中観光もできるのです。

またなんといっても料金がとにかく安いというのが最大のメリットでしょう。

運んでもらう距離に比べたら驚きの料金設定だと思います。

そういった面ではお手軽な交通手段ですね。

いくつかの高速バス会社ランキングをチェックすると同じ名前が出てくるので評判などを比較してみたいと思います。

まず夜行バスが多く運行されているVIPライナーですが特に評価されているのは独自サービスの強みや設備の充実度のようです。

それからサンシャインツアーも格安ということで人気ですが他にもパックツアーも豊富でキャンペーンも魅力なのだとか。

はたまたまぶしいピンクのバスで知られるWILLEREXPRESSはバスを選べる上心配りも細やかとのことで評価されているようです。

このように多くの会社がありますが予算や設備の希望とともに安全面へのこだわりも含めて検討するのが良いと思います。

移動する間の長い時間をどのように使うかというのは高速バスの利用経験者なら考えたことがあるでしょう。

シンプルに寝れば良いという人も多いかと思いますがせっかくならこまごましたことを車内で済ませておきたい人もいるでしょう。

調べてみると選択条件に無線LAN搭載車があるところもありました。

移動中に仕事をしたいときやゲームを楽しみたいときなどにあると便利ですし、モバイル時代のサービスがついにここまできたかという感じです。

車内でゲームなどをするときには言うまでもなく光などに気を付けて全員が快適な移動時間を過ごせるようにしたいですね。

移動するのに時間がかかると気になるのがモバイル端末のバッテリーの残り。

気を付けながら使っていたつもりでもあっという間に省電力モードに!と焦ったことがある人は少なくないでしょう。

充電ができる乗り物と言えば新幹線がひとつ挙げられますが何気に高速バスにも一部コンセント付きのものがあります。

そういったバスの特集がまとめられているほどに利用者側にとっても嬉しいサービスのひとつとなっています。

席一つ一つにあるというのもありがたい点ですね。